相続が起こった場合の所得税の準確定申告とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

相続が発生した場合もっぱら気になるのは相続税ですが、被相続人(亡くなった人)が確定申告すべきだった所得税のことも忘れてはなりません。では、被相続人に代わって相続人が行う所得税の「準確定申告」とは何かを見てみましょう。

準確定申告とは?

自営業、フリーランスなどで会社での所得税の天引きおよび年末調整がない人は、毎年1月1日から12月31日までの所得を翌年「確定申告」という形で税務署に申告し、その上で納付します。生きている人はこれを自分ですればよいわけですが、ある年の途中で亡くなってしまった人は相続人がしなければならないことになります。これを「準確定申告」といいます。
準確定申告の対象になる所得は、被相続人が亡くなった年の1月1日から亡くなった日までに発生していた分ということになります。ただし、もし1月1日から3月15日までの間に、前年分の確定申告を終えないまま亡くなった場合はその分も併せて申告しなくてはなりません。
さらに具体的にいえば「個人事業を行っていた」、「2000万円を超える給与収入があった」、「メインの給与所得以外に20万円を超える所得があった」、「不動産の賃料収入があった」、「株式や不動産などの売却収入があった」、「年の途中で退職して年末調整を受けていない」、「医療費控除などにより還付を受けることができる」といったケースが準確定申告の対象者ということになります。

準確定申告すべき人

準確定申告をする義務があるのは法定相続人(民法で定められた範囲の相続人)および包括受遺者(相続財産を遺言により全部または割合的にもらうことになっている者)です。もしこれらの人が複数いる場合には、申告書と付表に全員が署名して相続分も記載し、共同で申告しなくてはなりません。法定相続人の中で相続放棄をした者は最初から相続人ではなかったと扱われますので申告の義務はありませんが、単に遺産分割協議で「遺産はいらない」と言った人は法律上の相続放棄にはあたりません。あくまで、家庭裁判所に所定の相続放棄の申述をして認められた人のみが申告義務を免れるのです。
もしどうしても一緒に申告することができない法定相続人・包括受遺者がいる場合にはその人だけ別途同じ内容の申告書と付表を作成して提出することになります

準確定申告する方法

準確定申告の際に使用する申告書のフォーマットは通常の確定申告のものと変わりありません。ただし、申告書に手書きで「準」の文字を加えることになります。申告書に加え、相続人の住所、氏名、相続分、職業、続柄、生年月日、電話番号などを詳細に記載した「付表」というものを添付します。
これらの書類の入手は「税務署の窓口」および「国税庁のホームページ」といった方法があります。なお、相続人が4人を超える場合は付表を2枚に分けて記入しますので余分に入手しておく必要があります。
なお、配偶者控除や扶養控除などは死亡時点での状況で判断すればよく、控除できる場合には月数での按分などは必要なく、通常の控除額をそのまま適用することができます。医療費や社会保険料、生命保険料の控除については死亡日までに支払った金額が対象になることに注意が必要です。被相続人の入院費に充てた分であっても死亡後に支払ったものは対象にすることができません。

注意!準確定申告の期限を守ろう!

準確定申告の期限は、相続開始を知った日の翌日から4カ月以内、提出先は被相続人の納税地の税務署長です。間違えて相続人の住所地などに出さないようにしましょう。
もし、前年の所得を申告しないまま1月1日から3月15日までの間に亡くなった場合はその分の申告も必要になりますが、たとえば亡くなったのが3月14日であっても翌日までに申告しなければならないということではなく、4カ月以内にすればよいことになります。ただし、すでに申告期限を過ぎてしまった状態で亡くなっていたら1日でも早く申告しなければならないことに気をつけましょう。

準確定申告の所得税の納付期限は?

準確定申告により発生することが確定した所得税の納付期限は、申告期限と同じく相続開始を知った日の翌日から4カ月ということになります。もし遅れると延滞税が課されますので、決して忘れないようにしなくてはなりません。

被相続人の死亡後は通夜、葬儀、香典返しなどするべきことが非常に多く、相続人にとっては「バタバタしていたらあっという間に49日法要を迎えてしまった」という状況になることもよくあります。相続関係の手続きにおいて「相続放棄の3カ月」「準確定申告の4カ月」「相続税の10カ月」というのは必ず押さえておきたい重要な期限になりますので、しっかりとスケジュールを意識しながら準備していきたいものです。もしこういった税務の手続きに慣れないので間に合わないかも?という不安がある場合、最初から税理士に任せてしまった方が安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加