税務調査のポイントPOINT

税務調査はいつくらいに行われるのですか?

税務調査はいつくらいに行われるのですか?

税務調査は相続税の申告が行われてすぐに来ることは稀です。通常、半年から1年ほど経過してから行われます。

場合によっては2年近く経過してから行われることもあります。これはその間に、税務署内で調査を行い追徴税の出る可能性を探って調査先の選定をしたり、銀行や証券会社などへ事前調査を行ったりするからです。実際には申告から1年ちょっと経過したときに、突然電話がかかってきます。

ちなみに時期的には、8月から11月頃の秋の季節に税務調査がよく行われます。これは、税務署が7月が異動の時期になり、異動後の8月から本格稼働する税務署内部の慣習があるからです。

また年明けの1月から3月は個人の所得税の確定申告があり税務署全体が忙しくなるため、税務調査を避けたいという雰囲気もあります。ただし、年明け以降であっても、税務職員は調査の件数のノルマなどがあるため調査が行われることも十分ありえます。

前のページへ戻る


  • お電話でのお問合わせ:0120-481-001
  • メールでのお問合わせ
ご相談・お問合わせ窓口

トップページへ戻る

印刷
ページトップ