税務調査のポイントPOINT

税務調査に来る調査官というのは、いわゆる「マルサ」と言われる人たちのことですか?

税務調査はいつくらいに行われるのですか?

マルサは通常の税務調査を行いません。

通常の税務調査はマルサや警察の犯罪捜査ではありません。
マルサは、「国税局査察部」という部門の隠語ですが、この部門は通常、裁判所の令状を持って高額な脱税や悪質と思われる案件について強制捜査を行います。マルサの調査は、全税務調査の約1%程度ですので、通常は「任意」の税務調査になります。

ただ、「任意」とはいえ、拒否し続けることはできません。なぜなら法律上は、納税者には税務調査を受ける「受任義務」があるからです。
結果的には、調査依頼が来たら拒むことはできないとお考えください。ただし、税務署が伝えてくる調査日程などは都合が悪ければ変更をすることができます。

税務調査官には「質問検査権」という権利が認められており、納税者が黙秘したり、資料を見せないと言ったことはできません。
このように書くと、税務調査は怖いイメージがあるかと思いますが、最近は税務調査官も紳士的な方が増え、言動なども丁寧な方が増えています。
とはいえ、調査官は持って帰る税額(増差)で査定されますので、丁寧な言動をしつつ税金はきっちり持って帰るというのが実際の現場で一番よく出会う調査官のイメージです。

前のページへ戻る


  • お電話でのお問合わせ:0120-481-001
  • メールでのお問合わせ
ご相談・お問合わせ窓口

トップページへ戻る

印刷
ページトップ