秘密証書遺言とは?書き方と注意点を解説!

秘密証書遺言とは?書き方と注意点を解説!

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で文字を書くことが困難だが遺言書を書きたい、そしてその内容を人に知られたくない。こういった人に向いているのが「秘密証書遺言」です。では、自筆証書遺言や公正証書遺言と比べて書き方や手続きにどんな特色があるのかを見てみましょう。

秘密証書遺言ってどんな遺言?

秘密証書遺言は遺言者が自分で作った遺言書を公証役場に持っていき、公証人によって「確かに私の遺言書です」というお墨付きをもらうというものです。自筆証書遺言は必ず自筆でなければならないですし、公正証書遺言であれば公証人に全文を読まれてしまうので公証人と証人2人に自分の遺言内容を知られてしまうというデメリットがありますが、秘密証書遺言にはその2点がありません。そして、公証役場に遺言書の存在記録を残すことができます。

秘密証書遺言はパソコンで作成出来る!

自筆証書遺言は上記のように自筆であることが条件ですので、パソコンで打ったものは無効になってしまいますが、秘密証書遺言はパソコンで作成してもよいところが大きなメリットです。もし遺言内容を知られてもよい人がいれば代筆を頼むこともできます。高齢になるとどうしても筆圧が弱くなって文字が書きづらい、手が震えてしまって書いた文字が読みづらいといった問題が出てくるものですが、秘密証書遺言ならこういったことがクリアできます。ただ、公証役場に持っていく、手数料を支払うという手間、費用の面に抵抗を感じる人もいるかもしれません。

署名押印して封入する

自筆またはパソコンなどで作成した遺言書には署名と押印をしなければなりませんが、秘密証書遺言の場合、必ず「封をする」というのがポイントです。そして、遺言書本体に使った印鑑と「同じ」印鑑で封をした部分に押印しなければなりません。

公証役場に持っていって手続きをしてもらう

次に、出来上がった遺言書を公証役場に持っていきます。秘密証書遺言を行うためには公証役場に証人2人を連れていかなければなりませんので、もし利害関係のない知人、友人、親戚などで頼める人がいない場合は法律家に依頼するか公証役場に相談して準備してもらう必要があります。遺言書は、公証人と証人2人の面前で、その遺言書が自分の書いたものであること、そして自分の住所と氏名を述べなくてはなりません。公証人は遺言の中身を見ることはありませんので、公正証書遺言とは異なり、形式的な不備などを指摘することができない点に注意が必要です。
自筆証書遺言や公正証書遺言と比べるとマイナーな秘密証書遺言ですが、その特色をよく知った上で自分に合っていると思われる人は上手に利用したいものです。

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加