半年後に借金が発覚! 相続放棄はできない?

事情によっては3カ月以降も例外的に認められるケースあり

父が他界し、遺産の分割や相続税の申告も終わってほっとひといき。そんなとき、家族の誰も知らなかった多額の借金が発覚…相続放棄や限定承認の手続きの期限は過ぎているので、どうやって返済するかで大揉めに……。
笑うに笑えない話ですが、ある日突然、貸金業者から連絡があって発覚するケースは珍しくありません。こうした場合、いったいどうしたらいいのでしょう?
通常、相続放棄や限定承認は、被相続人が亡くなってから3カ月月以内に手続きを行なわなければなりません。ただし、こうしたケースのように突然多額の借金が発覚した場合など、例外的に相続放棄が認められることもあります。
具体的には、過去に最高裁の判例が出ており、要約すると『(借金などのマイナスの)相続財産が全く存在しないと信じ、かつ被相続人と相続人との交際状態やその他の状況からみて、借金などは存在しないと信じたことに相当な理由があるときなどは、相続財産の全部又は一部の存在を認識したときから3カ月以内に申述すれば、相続放棄の申述が受理される』という内容です。
つまり、後から借金などが発覚した場合は、その日から3カ月が相続放棄を申請する期限となるということです。
ただし、必ず受理されるわけではありませんので、財産の調査が終わっていない、不透明な部分があって不安といった場合には、家庭裁判所に「相続の承認又は放棄の期間の伸長」を申し立てて、期間を伸ばしてもらうのが得策でしょう。