相続放棄と相続する順番について ケースによってもかわってくるの?

今回は、相続放棄をすることによって、相続の効果としてどのように変化があるのかについて見ていきたいと思います。

相続をする順番についてどのような効果がみられるのかイメージを掴んで頂けるかと思いますので最後までお読み頂ければと思います。

相続放棄により相続の順番はどのように変化するのか?

相続放棄をすることによって、相続放棄をした者の相続順位に変化をもたらします。

具体的には、法定相続順位の後順位者が相続人となることのできるチャンスが生じるということです。

例えば、子供が全員相続放棄をすると、後順位の直系尊属の父母が相続人となることが出来ますし、子供も父母もすべて相続放棄をした場合には、兄弟姉妹が相続人となることになります。

このように、相続放棄をすることにより、法定相続順位の後順位者が相続をすることを検討することになるのが効果の一つということが出来ます。

まとめ

相続放棄の効果として相続順位に変化が見られ、本来相続人ではなかった者が相続人となる可能性があることをお伝えしました。

相続人が相続放棄をする兆しを見せたら、少し相続手続きの準備をすることも考えなければいけないといえます。