遺産を使い込んでも公正に得られるようになるの?【相続法制度改正!理解しておきたいポイント】

来年の2019年より相続に関する法制度が一部変更されることになっています。

その中でも今回は遺産を公平に分配するための制度改正について解説をさせて頂きます。

相続の手続きは実体法上決まったものがありますが、実際の運用がその通りになされるとは限りません。

遺産分割が不適切になされた場合の変更点についてポイントを見ていきます。

遺産を相続人間で公正に分割するためには?

相続が開始されると、法律の手順に沿って相続財産の分割の手続きを踏むことになります。

ところが、相続人の中に悪いことを考える人がいて、相続財産となる金額を一部持って行ってしまえば、他の相続人に相続財産の総額を気付かれることなく減らすことが出来てしまいます。

このようにすると、その減らされた金額の中で遺産分割の手続きが進められて相続が完了してしまう可能性も十分に考えられます。

しかしながら、これでは不公平が残るということで、改正法制度によると、減額前の本来の相続財産のままで、きちんと遺産分割を行うことが出来ることとなりました。

まとめ

今回の改正により、相続がより公正に分割することが出来るようになっています。

これにより多少なりとも相続財産の不正取得の防止に貢献されるものと期待できるでしょう。