故人のスマートフォン どうすればいい?

故人のスマートフォン どうすればいい?

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロックがかかっていた場合キャリアでも解除できない

近年、インターネットを利用する高齢者が増え、スマートフォンやパソコンなどに残されたさまざまな「デジタル遺品」で困る遺族が増えています。
たとえば、故人のスマートフォンに残された連絡先から、友人や知人に葬儀の連絡をしたいと思ってもロックがかかっていて見られないといったケースは、よくあるものです。
そのほか、写真などの思い出のデータを取り出したい、SNSなどで亡くなったことを知らせたいといった要望のほか、毎月課金されるアプリやサービスの解約、ネット証券の口座、オンラインバンクの口座にアクセスできないといった、金銭に直結する現実的な問題もあります。
スマートフォンの場合、パスコードやパターンがわからない場合でも、キャリア(携帯電話会社)に依頼しても解除してもらうことはできません。指紋認証や顔認証などの生体認証も当然解除不可能です。つまり、基本的にはスマートフォンに残されたデータを遺族が見ることはできないのです。
ただし、データではなくスマートフォンの端末自体を使いたい場合は、契約を継承し、端末のオールリセットをしてくれる場合もありますので、契約しているキャリアに問い合わせてみましょう。
どうしても故人の遺したデータが必要な場合、お金はかかりますがデジタル遺品のデータ復旧を専門に扱う業者がありますので、相談してみるとよいでしょう。

この記事をシェアする
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加