相続サポートセンターの強み | 相続サポートセンター

相続サポートセンターの強み

新着記事
人気記事
キーワードから記事を探す
はじめての相続税申告なら東京相続サポートセンター

弊社の強み 税務署に指摘されにくい相続税申告

弊社が大事にしていること はじめの相続税申告をする人をどこよりも丁寧にサポートする



  • どこの税理士に依頼をすればよいのかわからない
  • 他の税理士との違いがわからない

こういったご質問をよくお聞きします。

特に相続税の申告をインターネットでお探しの場合は、 面識のまだない税理士に経験のない業務を依頼するため、 どうやって決めたらよいのか悩まれると思います。

そこで
「弊社の強みはなにか」 「弊社の大事にしてることはなにか」

をお伝えさせていただき、税理士選びの判断基準にしていただけば幸いです。

弊社の強み
弊社の相続税申告の強みであり特徴、それは「税務署に指摘されにくい申告」を支える3つの矢
  1. 元税務署の資産税部門出身者2名が申告を模擬調査。
  2. ノウハウを積み上げて作った、三重チェック検算。
  3. 書面添付制度の積極利用で調査回避。

「少しでも税金を安くしたい」という考え方と、「税務調査で指摘されたくない」という考え方は、 両立が難しいものです。

元国税調査官

そこで弊社では、税務署に指摘されない相続税申告を実現するために、税務署の相続税部門で長年税務調査を行ってきた元国税調査官を社内に招き入れて、「模擬税務調査」を実施しています。

お客様の申告書を税務署に提出する前に、元国税調査官の目で見て、税務調査で指摘される内容が無いかを事前確認し、税務調査の対象になる可能性を下げます。

(※確認するのは「元」国税調査官ですので、その情報が税務署に行くことは万が一にもありません)

元国税調査官

また社内で模擬税務調査のノウハウと、過去の実際の税務調査経験を結集した、最強の税務署対策のチェックリスト作成しています。

このチェックリストを使って、ベテラン担当者と代表税理士の2人が、税務調査目線だけでなく、節税が漏れなく実施されているかを確認する視点からも厳しくチェックを実施します。

元国税調査官、ベテラン担当者、代表税理士の3人による「三重検算体制」で、お客様に高品質の相続税申告をお約束しております。

また税務調査の確率をより引き下げるために、「書面添付制度」を積極的に推進しています。

実物サンプル

「書面添付制度」とは、税理士が相続税申告が適正であることを保証することで、税務調査が実地で行わなわれることを省略することが可能になる制度です。

ただし申告内容に誤りがあるときは、税理士にペナルティが課されることがもあり得ますので、相続税申告全体での普及率は10%程度です。

弊社では上記のような体制で自信を持って申告を行いますので、書面添付制度を活用し、お客様の税務調査の不安を少しでも下げられるように努めて参ります。

弊社が大事にしていること
どこよりもわかりやすくサポートする
*

過去に何度も相続税の申告をされるご家族であれば、以前の相続のときのご経験がありますので、「いつまでに何をしないといけないのか」がイメージがつく方もいらっしゃいます。

ですが、「はじめて相続税の申告をする」という方は、「いつまでに何をしたらいいのか」がわからず、不安に駆られ、お困りになっておられる方が多数いらっしゃいます。

私たちはそういった「はじめての相続税を申告する」という方に対して、

専門用語を使わずに、必要となる資料などを丁寧にお伝えし、最終的な税金がどういった計算でいくらになるのかを早い段階でお伝えします。

東京相続サポートセンターの母体のベンチャーサポート税理士法人は、もともと「起業家支援」をメインにした税理士事務所です。多くの起業家の方は、税金や会計の専門知識はお持ちではないため、起業家の方にいかにわかりやすく会計や税金を説明するか、をずっと大事にしてきました。その考え方や経験は、東京相続サポートでも発揮されています。

相続税は専門用語がたくさんあり、わかりにくいものです。そのわかりにくい相続税を、いかにわかりやすい言葉で丁寧に伝えて、次にしなければいけないことを先回りしてお伝えし、安心して相続税を支払えるようにお手伝いをすることこそ、わたしたちの一番の強みと考えてます。

特徴7つ
  1. 相続税を専門にする税理士の集まりです。
  2. 税理士業界で一番「しゃべりやすい税理士事務所」を目指しています。
  3. 税務調査が来にくい、精度の高い申告に自信を持ってます。
  4. すべての特例を活用して、納税額を最小にすることに自信を持ってます。
  5. 関東は東京23区内に4拠点、横浜に1拠点。相談しやすい立地です。
  6. 相続税申告だけでなく、登記や年金の切り替えなど、相続全般のお手伝いをします。
  7. 料金表に基づいた明確な料金で、かつ、税理士業界でも最安水準の報酬体系になっています。

「はじめての相続税申告なら東京相続サポートセンター」

そういっていただけるよう、私たちは一丸となって相続税のお手伝いをすることをお約束します。

私たちが「しゃべりやすい税理士事務所」を目指している本当の理由

上記の7つの特徴でも書かせていただきましたが、東京相続サポートセンターは、
税理士業界で一番「しゃべりやすい税理士事務所」を目指しています。

なぜ「しゃべりやすさ」を大事にしているか、少し説明をさせてください。

相続税の申告は故人の財産を漏れなく把握することが最重要ですし、そこを税務署も見てきます。

しかし、ご家族の方が故人がどのような財産を持っていて、どのように管理をしていて、どのような運用をしていたかを全てご存知のケースはなかなかありません。

通帳の取引を見れば何に使ったのかわからない資金使途があることもよくありますし、奥様に内緒で子供や孫に資金援助をしているようなこともあります。

このような故人しかしらない資金使途があることは頻繁にありますし、それも過去5年~7年分となると不明点が出てこないほうが珍しいでしょう。

しかし、相続人と税理士とが上手く意思疎通ができないままで不明点を残して申告をしますと、税務調査を呼びこむ可能性が高まります。また税務調査が入った時に、税務署に指摘されて慌てることになります。

不明点を相続人と一緒に考えて行き、いろいろな資料を探し、ときには故人の日記を見るようなプライベートなことまで共有するのが税理士という仕事です。

だからこそ、なんでも相談できて、守秘義務を確実に守る「しゃべりやすい税理士」であることを私たちは大事にしています。

10人中3~4日の方は無料ご相談だけです。

相続税の第一歩は無料相談から始まります。

東京相続サポートセンターは、
「初めて相続税の申告をする人を、どこよりもわかりやすくサポートする」
を企業理念にしてますので、初回の無料相談は本当に何でも聞いていただきたいと思っております。

  • 相続税はいくらくらいかかるのか?
  • 税務調査ではどこを見られるか?
  • 今からできる節税は何があるか?
  • 登記や金融資産の名義変更はどうすればいいのか?
  • 次の相続(二次相続)を考えたシミュレーションをしてほしい
二次相続シミュレーション

そのほか、相続に関係することであれば、どんなことでも対応可能です。
無料相談には時間制限もありません。
その後の有料プランをご依頼いただくかどうかは自由にお選び頂けます。
実際、無料相談に来ていただく方のうち、3~4割の方はご相談のみです。
お気軽にご相談ください。

平日は21時まで土日祝も面談しております。
  • お電話でのお問合わせ:0120-481-001
  • メールでのお問合わせ
ご相談・お問合わせ窓口

トップページへ戻る